証券会社新規公開株(IPO)はなぜ魅力的?

【証券会社でなんといっても魅力的なのが新規公開株】証券会社の投資商品として何といっても魅力的なのはIPOとも呼ばれる新規公開株ではないでしょうか。
新規公開株というのは、これまで上場していなかった会社が新たに証券取引所に上場することを言います。
このIPOは、投資家が新規に買う値段である公募価格をかなりの確率で上回ることが多くなっていますから、これを取得すると利益を得る絶好のチャンスになるのです。
つまり「初値-公募価格=利益」になるわけですから、例えば公募価格が50万円で初値が80万円の場合は、差引き30万円がIPOの利益になるのです。
まさに濡れ手に泡とはこのことを言うのではないでしょうか。
方法は簡単です。
あらかじめIPO株を買っておき、上場日に成り行き注文を出しさえすれば、かなりの高確率で利益が転がり込んでくるのです。
こんなおいしい話を見逃す手はありません。